Ultimate OverDriveの秘密


U.O.D.(Ultimate Over Drive)は基本的に歪の境目を
コントロールするために開発したペダルなんですが、
裏蓋を開け中のボリュームを調節すると
歪側を普通のディストーションへ変更することができます。
また、細かく追及するなら自分のギターの出力にあわせて
最善のセッティングで歪を作ることができます。
(この場合、クリーンからクランチ+くらいまで)
チャンネルはBoosterODの2チャンネル
Boosterはかけっぱなしです(標準)
BoosterとODは直列なので Boosterを上げると
ODの入力は増します。
音量は各チャンネル別に調節できる設計です。

Booster側は色付けなしのフルレンジブースターです。
(現在ハイカットを検討中)
OD側がとても特徴あるんです。
ODとは言っても実はブースターの出量が混じっていて
この加減を調節できるんです。
それがケース内の半固定ボリュームです。

Blues系の音の場合、歪みと言ってもクランチとか
原音の混じった芯のある音が好まれています。
そのあたりのビミョーな調整がこのペダルでは可能です。

さて、もう1つ設定です。
もう、歪はガンガン歪ませたいの! という人は
半固定抵抗を時計と逆に回してください。
抵抗値を高くすることでBoosterの信号を遮断し
普通のOverdrive / Distortion Pedalへと変身します。
この場合、OD側本来のLEDの歪とコンプカットの音が出てきます。

シンプルな回路ですがオリジナルで随所に工夫と
スパイスを散りばめてみました。



コメント

このブログの人気の投稿

ペダルを作っていて嬉しいこと

エフェクターのケースについて

法田勇虫さん